京湯葉の千丸屋さん

昔からの伝統ある製法で、心を込めて丁寧に、京都のお料理に、仏教と共に伝来した精進料理の重要なタンパク源として、今や日本の食文化にとても大切な湯葉を、1804年(文化元年)の創業以来200年作られている千丸屋さん。

湯葉は、「水」と「大豆」のみで作られる食品です。そのシンプルな材料だけに、伝統だけではない、この時代に生きる味の感性が大切な一品と言われます。

千丸屋さん本店で頂く湯葉の味わいは格別です。最近では生湯葉のイメージを持たれる事が多いですが、千丸屋さん伝授の乾燥湯葉のレシピを、ZWKのアレンジレシピで発信していきたいと思います。 

この千丸屋さんの乾燥湯葉が、なんと量り売りで登場いたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です