創造工房さんのフルーツガーリック

京丹後のフルーツガーリック。黒にんにくとは、 また異なる、特別なガーリックです。

創造工房の開発者、早川雅映(まさてる)さんは、東京大学農学部出身で、次世代の農業に自身で取り組まれる中、新しいテクノロジー研究をしていらっしゃる方です。

その中で、早川さんが発見されたのが、UMAMI-Xという、量子力学の世界の現象にも通ずるところの仮説から生まれた、新しい技術。

それは、添加物などではありません。環境から生まれるもの、いわば、空気と生きた植物や食材の摩擦により、生みだされる仮説の新成分、といったところでしょうか?

その技術が生かされた、フルーツガーリックは、熟成や発酵の過程で、UMAMI-Xがたっぷり含まれるそうで、まろやかで風味も豊か、疲労回復にも効くと言われています。

フルーツガーリックの果実も美味しいですが、その皮も使用出来ます!例えば、皮を少し、ポン酢に入れてみてください。不思議とポン酢にまろやかさが増し、その効果と味わいをお楽しみ頂けると思われます。

テクノロジーが生かされた早川さんのフルーツガーリックは、スペインのサン・セバスティアンで開かれた料理学会への出展の際、プロのシェフたちからも高い評価を得ました。

次世代のフルーツガーリック・テクノロジーとUMAMI-Xに、Zero Waste Kyotoで触れてみてください。

食 × テクノロジーにより、

新しく生みだされた、特別なフルーツガーリックです✨

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です